アルコール中毒というのは自分では気づかない場合が多く、気づいたときには身体はボロボロという場合があります。そうならないために意識して酒量をコントロールすることが大切です。

ストレス時代の心身症ナビ
ストレス時代の心身症ナビ

アルコール中毒とは

ストレス時代の心身症ナビ
お酒が好きだという人は多いと思いますが、飲み過ぎてしまうと身体を壊してしまうことになります。
少しのアルコールというのは身体の薬になると言われていますが、どんな薬も同じで、適量を超してしまうとそれは身体を壊す原因になってしまいます。
アルコールというのはストレス発散のアイテムとしても用いられます。
仕事で嫌なことがあったとき、人間関係で悩んでいるとき、日々のたまったストレスの発散としてアルコールを用いるという人は多いと思いますが、それが行き過ぎてしまうと、アルコール中毒といわれる症状を引き起こしてしまいます。
アルコール中毒というのは、中毒という名前がついていることから、それなしでは生きていけない身体になってしまうということです。
つまり、普段の生活でも、常にアルコールがなければ生きて行けないということです。
アルコール中毒の症状としては、アルコール以外の飲食をしなくなるということや、一日に飲むアルコールの量が尋常ではないということ、また、アルコールを飲み過ぎて手が震えてくるなどの症状が出てしまうということや、アルコールを飲まないでおこうと思っていても禁断症状のようなものが出てきてしまい、結局は飲まずにはいられなくなるというものです。
中毒ときいて思い浮かべるのは麻薬などの中毒ですが、摂取するものが違っても、症状としては似ています。
幻覚や幻聴といったものはなくても、それがなくては落ち着かないという症状です。
アルコール中毒の場合は、精神的なダメージだけではなく、体内にも大きなダメージを起こしてしまいます。
アルコールによる病気というと肝硬変がよくいわれますが、ストレスの発散に飲んでいたつもりが、肝硬変となって身体を壊してしまうということにもなりかねません。
アルコール中毒というのは、自分では気づかないと言われています。
自分では単に、アルコールが好きであるということだと認識して飲んでいる人が多いようですが、周囲から見ると、その量が異常であることが多いです。
ですが、なかなかそれを本人に伝えるということができないため、症状が悪化してしまい、気づいたときにはすでに身体はアルコールでボロボロということも珍しくありません。
アルコール中毒というのは意識のないままになってしまっていることがありますので、それを防ぐためには、一日に飲む量などを意識して、自分できちんとコントロールしておくということが大切です。

PICK UP! サイト情報

Copyright (C)2018ストレス時代の心身症ナビ.All rights reserved.